【色彩検定】1級2次・覚えるべき配色名26と覚え方(トーン編)

PCCS2〜6色で配色してみた

前回の色相編からの続き!

このへんを覚えておくと、色彩検定1級2次試験もサクサク解けます。

「トーン」による配色名

トーンの距離を定義する配色名

これはそのままですね〜♪

  • 同一トーン配色・・・同じトーン
  • 類似トーン配色・・・隣り合うトーン
  • 対照トーン配色・・・距離の遠いトーン

濁色トーンは別名「トーナル」

  • トーナル配色・・・濁色のトーンから選ぶ(sf、d、ltg、g)

「濁色→だくしょく→た・ち・つ・て・」。
清色のトーンは何て呼ぶんだろうという疑問(未解決)。

三属性による配色名

オンなのか? インなのか?

これ覚えにくかった。

  • トーン・オン・トーン・・・明度差大きく、色相差0〜3、トーンは同一以外
  • トーン・イン・トーン・・・トーンは同一〜類似、色相は何でもOK

「トーンの印象を深堀り=イン」「たくさんのトーンを重ねる=オン」

ハーモニー=調和

自然の見え方と同じかどうかという配色名。自然だとナチュラル。逆だとコンプレックス。

  • ナチュラルハーモニー・・・・・色相による明度の違いと同じように配色(例:p8+ と dkg20)
  • コンプレックスハーモニー・・・色相による明度の違いと逆に配色(例:dkg8 と p20+)

「ドミナント」=同じか近いっていう意味

「ドミナント=同一か類似」なので

  • ドミナントカラー・・・色相が同一か類似。その他の条件なし
  • ドミナントトーン・・・トーンが同一か類似。その他の条件なし

「カマイユ」=めっちゃ似てる

  • カマイユ配色・・・めちゃめちゃ似てる配色。色相差0〜1、トーンは同一か類似。
  • フォカマイユ配色・まぁ似てる配色。色相差2〜3、トーンは同一か類似

「色彩検定1級合格までの道のり」もくじページ⇒「「色彩検定1級」約100時間の勉強で合格するまでの道のり

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ