話題のシャンプー「ボタニスト」を使ってみた

久しぶりに会う友人たちとランチへ行ってきました。

その時、なぜか話題になったのがボタニストというシャンプー。

私も友人たちも、揃ってボタニカルシャンプーを気にかけていたのです。

いつも会っているならまだしも、久々に会って、なんでシャンプーなのか?

美容室でトリートメントしてもすぐにバサバサになる、やや猫っ毛気味ダメージヘアの私が試した(30代)感想を、アップしておきます!

まずはおさらい。ボタニスト(BOTANIST)とは?

Botanist

ボタニカルシャンプーという、植物由来の成分を主体とするシャンプーです。オーガニックとは違って、”植物由来の成分を使っている”というところまでのようです。

植物由来なので、もちろんノンシリコン。

ボタニカルシャンプーである「ボタニスト」という商品は、植物由来成分+クリーンな水で90%以上構成されているのだそう。

なんか、身体に優しそうなイメージ…ですよね。

しっとりタイプのMOISTと、さらさらタイプのSMOOTHと、2種類で展開しています。

どのぐらい話題なのか?

日本、アメリカ、フランスで売れまくっているようです。

これまでのオーガニックシャンプーやシリコンシャンプーと比べると

  • 洗浄力
  • 泡立ち・泡持ち
  • 質感
  • 毛先ケア
  • 頭皮エイジングケア

を、バランスよくできるシャンプーとのことです。

しっとりとさらさら、どちらが良いか?

「しっとり」はオタクの髪みたいになるからやめておけ、というのが鉄板ルール。

本来はしっとり系の仕上がりが好きな私も、「さらさら」を選びました。

…本当は、しっとりを使ってみたかったのですが、さらさらしか売っていなかったので、さらさらを買いました。

で、使ってみた。

香りは◎

人工的な香りが苦手なのですが、アロマオイルっぽい香りで大丈夫。かなりいい匂いです。

シャンプーとトリートメント(コンディショナー)が異なる香りの組み合わせなのも、なんか新しいなと感じました。

洗浄力、泡立ち、頭皮ケア力◎

問題ありませんね、オーガニックシャンプーのように全然泡立たない…ということもありません。ヌルヌルが残る感じもありません。

クレンジング力は結構高めではないでしょうか。毛穴からすっきりする感じがしました。

毛先ケアは…正直△

多分なんですけど、ボタニストの素晴らしい点は「植物由来なのに洗浄料力が強いこと」なんだと思うんですよね。

ということを前置きするぐらい、私の髪の毛には全然潤いが足りませんでした。

髪を乾かしたときの質感は、顔のケアで例えるなら「ピーリングで角質も落として、クレイパックもして、さぁ汚れが取れたぞ!というタイミングで、さっぱりタイプの化粧水だけつけて、寝て起きた」という感じでした。

20代以下の人や脂が気になる人は良いのだと思うのですが、年齢とともに髪質の変化が気になっているお年ごろの私には、力不足点…。

見た目的に、髪がザラザラした感じ。…まぁ、ナチュラルなんでしょうけどね。

結論:ボタニストは、健康な髪質の方向け。ダメージヘアの人にはおすすめできない

ちょうど使っていたシャンプーが切れたタイミングで、シャンプーの乗り換えを考えていたのですが、結局前に使っていたものを再び注文しました。

むしろ、ボタニストを使ってみたことで、もともと使っていたシャンプーのすごさを実感した感じです。

髪がね、一本一本、太くなる感じがするんですよ。

もう、年齢肌…じゃないや、年齢毛髪なんですね。

最近スポーツジムに通い始めて、毎日のようにプールで泳いでいてます。

もとのダメージヘアに加え、塩素からもダメージを受けている毛には、もっとしっとりと補修してくれる系のシャンプー&トリートメントのほうが合っているようです。

髪を元気にしたい方は、これ使ってみてください。ボタニストとそんなに値段変わらないので。



私は、美容室で買ったシャンプー&コンディショナーでも物足りないぐらいのダメージヘアなので、普通の髪質の方とはちょっと感想が違うかもしれません。

ナチュラル感を追い求めても、ナチュラルにイマイチなんですよ、もう。

今回ボタニストを使ったことで、もう若くないんだなーと思いました。

多少のお金がかかったとしても、若々しくありたいものですね。

ボタニストは、たまに使うクレンジング用シャンプーとして活用したいと思います。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ