肌断食3ヶ月・効果と変化について(肌のキメ若干復活)

2018年4月下旬から、肌断食を行っています(現在進行形)。

今日は8/17ですので、3ヶ月半〜4ヶ月弱くらい経ちました。

自分の中で、一旦、まとめてUPしておけるくらい体験がまとまったので。

経過等、まとめておきます。

肌断食3ヶ月の効果は?肌断食をするかどうか迷っている方へ

いきなりですが、迷っておられる方がいらっしゃいましたら。

すぐにでも始めてみてください。

最初は辛いですけど、途中から楽になってきます。

私は、肌断食1ヶ月目頃に、フェイシャルエステで毛穴洗浄してまして(肌断食始める前に申し込んでいたので)、そこで、すっきりした感がありました。

最初の28日くらいがちょっと苦しかったですけど、そこを乗り越えて(毛穴洗浄してすっきりして)から、ずーっと調子良いです。

回りの反応が変わってきたのは、2ヶ月半くらい経った頃でしょうか。

(あまり人に会わない生活をしているので、回りの誰かが変化に気づいてくれたのは、2ヶ月半経った頃だったなということです)

肌断食をして3ヶ月。私が感じた効果は

  • ハリの回復
  • 肌のツヤの回復
  • 角栓の減少(一旦増えて、減った)
  • 赤みの減少(以前よりシミは目立つ)
  • 楽(スキンケアいらない・洗顔も楽・旅行も荷物が減った)

同時期に冷えとり健康法や塩浴、湯シャン等をはじめたこと、また、引っ越し等で環境が変わったこと、食生活も変えたこと等もあるので

肌断食単独の効果かどうかはわかりませんが

概ね、肌が強くなってきている、という実感があります。

カネボウのカウンターでもらった水分量チェッカーの数値を見ても

回復してます。

なんにも塗ってないのに。

メイクは、下地はやめて、ファンデはエトボスのミネラルファンデに変えて、あとは以前使っていたものをそのまま使用しています。

▽2300円と表記されていますが、実際はここから500円引きになるので、1800円で購入できます。



◎エトヴォスのミネラルファンデ・トライアル(公式)

最初の頃は真面目にワセリン塗ってからメイクしてましたけど、

最近は、「きちんと厚塗り」もしくは「がっちり日焼け止め」する時以外は、ワセリンすら塗らなくなりました。

本当に本当に、楽ちんです。

と、声を大にして言いたい効果はこのくらいでして。

そもそも肌断食って何?という方もいらっしゃるかと思うので、ここの効果に至るまでのお話もまとめておきますね。

お時間ございましたら、ご覧になっていってください。

なぜ、肌断食を始めたか?経緯と出会い

2018年4月某日。フェイシャルエステ(顔脱毛)の体験へ行きまして。

拡大鏡を見る度に黒っぽく見える「鼻下のムダ毛」をなんとかしようと、行ったことのないお店のリサーチのつもりで行ったのですが、フェイシャルエステのカウンセリング中にマイクロスコープ肌チェックにて「肌のキメがない」と指摘され。

そこから、ずっと、「キメが無い・・・」がリフレイン。

鼻下脱毛は、緊急性高いといえば高いですけど、シェーバーなりカミソリなりで対策がとれます。

ですが。わたくし、「肌のキメ」は、何をどうすると、どうなるのか、全くもって知識ゼロでございまして。

「キメ=肌表面を覆っているラップのような薄い表皮のこと」というのはわかったのですが、何をどうしたら復活するのか、

鼻下のムダ毛よりも、どんどん、キメのほうが気になってしまって、どんどん調べていきまして、

たどり着いたのが、「肌断食」でした。

肌断食とは?

肌断食とは、肌の自己再生力を引き出すために「引き算」する美容法で

  • スキンケアやめる
  • クレンジングやめる
  • 肌につけるものは白色ワセリンと純石鹸のみ

という、これまでの化粧品業界の常識を無視し、ひたすら「与えない」ケアをします。

とにかく「界面活性剤を避けろ」「肌をこするな」と。

形成外科医が全身やけど等の肌再生の臨床から得た「ワセリンと生理食塩以外は、肌再生を邪魔する」という見地を応用したアプローチで、「肌に余計なことしないで、自力再生させましょう、その邪魔しないようにしましょう」という方法です。

徹底的に引き算するので、逆にいうと、白色ワセリンと純石鹸さえあれば、できるという大変経済的な美容法でもあります。

けど、化粧水すらダメって。

少しドラスティックすぎて、不安になります。

本当に肌は大丈夫なのでしょうか…

ガサガサになって、ひび割れたりしないのでしょうか…

肌断食を始めるにあたり、購入したもの

良いも悪いも、体験してみないとわからないので。すぐにでも始めたかったので、ネットでいろんなブログを徘徊し、

  • 白色ワセリン
  • ノンケミ日焼け止め

をすぐに購入してきました。

これで、肌の乾燥も紫外線も怖くありません。明日から、肌断食を始められます。

と、落ち着いたところで、まずは正しい知識を得ようと、本を買いました。

肌断食の本を読む

参考にした本

  • ◎肌断食
  • ◎スキンケケア

メイクするときも、日焼け止め塗るときも、下地として白色ワセリンを塗りましょう、と。

アイメイクはゴシゴシこすらず、残っても気にしないように。肌の新陳代謝で3日もすれば剥がれ落ちます、と。

そんなことが書かれてて、とても驚きましたけど、今となっては、大変納得。

いやいや、色素沈着とかは?と心の中でツッコミを入れていたあの頃の自分に、

「肌そのものが内側からハリが出てきて、ツヤも出てくるので、肌質そのものが改善してきて、その結果、色素に対してもバリアが効く状態になるよ」と教えてあげたい(体験からの主観です)。

肌断食を続けて行く中での気付き

恐る恐る、水で顔を洗っていたのも最初の2ヶ月くらいで。

最近は、多少のことでは肌が動じないことを身体がわかってきたのか、

どんどん適当に・・・いえ、たくましくなってきました。

追加で購入したもの

  • 帽子
  • 日傘

肌断食開始直後に外でバーベキューをする約束があったので、急遽帽子を用意し。

その後、冷えとり健康法を始めたので、帽子はお蔵入り。

日焼け止めも、屋外にずっと居る日以外は塗らず、ほとんど塗らないまま。3回くらいしか使ってません。

毎日30分くらい散歩するのが日課なのですが、

昨年は、靴の跡がくっきりつくくらい日焼けしましたけど

今年は、うっすらと。

とても毎日30分も外を歩いているとは思えない程度にしか、日焼けしませんでした。

日傘のおかげです。

ずーっと帽子派だったのですが。

日傘の良さを実感した夏でした。

また、日傘からはみ出る腕には

昔から使っているアームカバーを。

本当、全然日焼け止めを塗らない夏でした。

(来年は、もっと外で夏を楽しみたいと思います)

追加ではじめたこと

導入部にも書きましたが、肌断食(とその少し前から始めていた経絡ストレッチ)をきっかけに

  • 湯シャン
  • 塩浴
  • 冷えとり健康法
  • ラム肉縛りの体質改善やめ、抗酸化食に変更

と、どんどん、自然療法系の健康法に傾倒していきました。

肌断食を始める2週間ほど前に、美容鍼を受けていまして。

その時に、肌が潤って、内側からハリが出て、

「ああ、私の肌の底力は、本当はこのくらいあるのだな」と感じて。

もちろん、一時的な効果ではあったのですが

あの美容鍼直後の、内側からチカラを引き出された自分の肌を手に入れたい、という

ちょっとした欲・・・というのでしょうか。

実現可能であるということを知ってしまったので

「身体のチカラを引き出せば、そこまで行けるのではないか(いけるに違いない)」と

心底、思ってしまっているんですね。私。

それもあって、身体のチカラを引き出す方向に

どんどん寄っていっております。

肌断食で、明らかに肌が回復していくので

化学は身体に良いとは限らない、という体験を得て。

身体の底力を引き出すために、脱・界面活性剤の方向へ舵を切りました。

洗濯洗剤や食器洗剤など、まだまだ界面活性剤使ってますけど

減らせるところから。

ノンケミは多分無理なので、減ケミで生活していけるように整えていっているところです。

と、肌断食開始から3ヶ月半くらい経って。

「肌断食をしている」という意識がすでに希薄で、

スキンケアってなんだっけ?という状態。

先日、顔そりにワセリンを使って、

なんだか新しい感じがしました(安いからたくさん塗っても心が傷まず良いですね)

暮らしも大きく変わったので

自分の中心を探りながら、私の最先端を更新していければと思っております。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ