腰痛マットレス「整体師モットン様」の効果を口コミ

モットン

どうもこんにちは。

椎間板ヘルニア歴10数年、柔らかいマットレス恐怖症のthxです。

最近、自分の身体の自然治癒力を引き出すことに夢中でして

その流れの中、お出ましになった(出会った)マットレス・モットン。

まだ1週間ほどしか使っていないので、激推しするには早い気もするのですが、

もうね、整体師モットン様、とでも呼びたい。

そんな気持ちです。

使いはじめて3日で、骨盤が立ったよーーーーー!

散歩したり、冷えとりしたり、ゆる体操(寝ゆる)したり、色々腰痛対策してますけど、

変えたのはマットレスだけ。

大事なので、もう一回言います。

マットレス変えただけで、骨盤が立ったよーーーー!!

なんだかとっても良い感じなので

感動をしたためます。

私の腰痛スペック

私のスペックです。20代前半の頃から腰痛爆弾を抱えております。

  • 椎間板ヘルニア持ち(下2つが真っ黒=二度の激しいぎっくり腰)
  • 腰痛持ち10数年(ただし、近年は落ち着いている)
  • マットレスは固めが好き

低反発マットレスの某トゥルースリーパーを使って、腰痛が悪化したことがありまして

それ以来、腰痛がほぼ無くなった現在も、柔らかいマットレスが恐怖です。。。

腰痛持ちの方ならわかると思うのですが、柔らかいソファとかも、苦しいですよね。

無印の通称「人をダメにするソファ」も。あれでも腰痛をぶりかえし、二度目のぎっくり腰につながりました・・・

そんなこんなで、最近は、激安のせんべい敷布団+AIRを重ねて

硬さによる圧迫感を「点」で緩和しつつ、本人的にはそれなりに快適に寝る暮らしをしていました。

固いところだと、背筋が伸びますから。

多少、硬さを感じても、安心なんですよね。

私の腰痛の原因は、姿勢の悪さから、腰が引けて「く」になること。

筋力はほどほどあるけれど、柔軟性が足りないタイプで、下半身の衝撃をすべて腰で受けてきたため、このような身体になりました…。

なので、とにかく腰が「く」にならないように生活することが重要でして、デスク周りもいろいろ試しました

今回は、寝る環境、ということで。

話が右往左往してますが、とにかく、私は、固い面で寝るのが安心なのです。

底が固いと、腰が落ち込まないので、一番激痛をもたらす「くの字」に固まることなんて、ないですから。

スノーボード的に言うと「底付きする浅パウ(スネくらい)」くらいの固めの寝具が好みです。

最近、冷えとり健康法を始めたことなどもあり、体調が良く。整体等行っておりません。

腰が安定しているので、「寝具」に対してもそこまで大きな不満もなく。

ただ、腰は痛くないものの、骨盤が倒れてきていて(身体の癖)、姿勢がおかしくなってきていたので

「そろそろ鍼行ってこようかなー」と思っていました。

ちょっと姿勢気になるから、週明けに予約しようかな・・・そう思っていたタイミングで、モットンが届きました。

モットンが届くまで

イベント会場で何の期待もなく寝転んで「あれ、なんかいいかも?」と感じたのがはじまり。

そこから「面で支える」など、色々お話伺って。

「気になるけどどうしよう」「Airはへたりはじめで、まだ買い換えるほどでもないし…」と迷っていたのですが、

そうこうしているうちに、モットンが夢にまで出てきたので、ついに注文しました。

私の場合、腰痛向けのマットレスを探していたわけではなく。

寝る環境は少し変えたいなと思っていましたが、コイルのマットレスを買おうか迷っていたくらいで。

実際に寝てみないとわからないし・・・と二の足を踏んでいました。

もし失敗したとき、処分するにも、手間もお金かかりますからね。

なので、同じく高反発を謳うエアウィーブや、安いニトリのマットレスは探していません。

無印の脚付きマットレスは以前に使っていました(ボンネルのほう)が、良いかというと、どうでしょう。寝やすいわけではありませんでした。

エアウィーブをふるさと納税で入手した友人は「柔らかすぎて、起きれない。起き上がるのが大変」と言っていたので、私とは相性良くないかな、と感じています。

柔らかい寝具は、骨格なり姿勢がちゃんとしている人でないと、難しいのでは?と思います。

そういう意味で、強靭な肉体を持った人が羨ましく感じます。

話を戻します。

モットンですが。

夢で「注文しなさい」と言われてから(笑)、ちゃんと調べました。

よくよく見ると「90日間返品保証」付きと。

(画像)

あ、試してみてダメだったら、送料だけで返品できるんだ、と。

それなら安心かなと。

シングルサイズで約4万円。

ものすごく価格が安いわけではありませんが、

マットレスの値段と考えると、別に高いわけでもなく。

・・・安い方かな、と思うのですが。(このへんの感覚は個人差あるとおもいます)

基本的にはミニマリストなので、

カバーは1枚あればいいかなと。(朝洗って、乾いたものを夜使えばいいと思う)

枕も、オーダーまくら(fit)使っているので

特に要らないかなと思ったので、

(絶壁なので、とても低い枕を使っています)

マットレス本体だけ注文しました。

モットンが届いた!

母に「マットレス注文したから、大きな荷物が来るよ」と伝えていたら

拍子抜けするくらい、小さな箱で届きました。

腰痛マットレス・モットンの口コミ

一人で、らくらく受け取れました。

開けてみると

腰痛マットレス・モットンの口コミ

半分折で、真空パックで、丸められて

腰痛マットレス・モットンの口コミ

なんか、すごい。想像を裏切られましたw

でも、とても、清潔な感じがします。

「まだ誰も使ってないよ感」がして、いい。

開封して、セットします。

腰痛マットレス・モットンの口コミ

二つ折りの線が残ってる。

腰痛マットレス・モットンの口コミ

厚さは6センチくらい?

空気を含んでパワー全開になるまで、少し時間がかかるそうです。

モットンの寝心地・使用感

Airを撤去して、激安せんべい布団の上にセット。

「骨盤立った」と感じるまで3日(このブログを書いているのが到着後7日目)。

その間の体感を書き記していきますね。

(A)初日のお昼寝

中央の線が膨らんでなくなるのを待とうと思っていたのですが、眠くなったのでお昼寝。

順場としては、【ベッドの木枠→板→激安せんべい布団→モットン(V)→私】

腰痛マットレス・モットンの口コミ

開いてすぐの頃よりは、膨らんでいます。

思ったより、柔らかく、ふわふわしています。

2時間ほどして目が覚めて、まず、身体に疲れ(圧迫感)を感じました。

「あーもしかして、これ、ダメなやつかも?」と。

なんだか沈み込んでいる感じだったのです。

でも、起き上がり、鏡に目がいくと、

「あれ、めっちゃ背筋ピンとしてない?」

そこには、上から吊るしたみたいに背筋の伸びた私がいました。笑

身体の筋肉は疲れているけど、骨は伸びてるのか?と

なんだか不思議な感覚を感じでした。

(B)初日の夜

マットレス変えて腰痛になったらどうしよう、というのが、一番の恐怖でございまして。

ですので、昼寝の結果をもとに、改善点を洗い出しました。

  • モットンがVになっていて、身体が包み込まれすぎる
  • 面で支えられるのに、身体が慣れていない
  • 身体が沈み込みすぎる

順場を変更し、【ベッドの木枠→板→激安せんべい布団→モットン(裏返した・へ)→Air→シーツ→私】

昼寝からの変更点は、

  • モットン二つ折りの凹みが「V」から「へ」になるように裏返し
  • 圧迫感をなくすため、Airを追加
  • シーツを追加(昼寝時点では洗濯中・乾いたので)

敷布団+マットレス2枚で、ものすごい、フカフカです。

全く底付きしない、深めのパウダー。

いつもの「点」で支える感覚なので、圧迫感もありません。

寝心地よし。

(C)2日目の夜

昨晩と同じセッティング。

(【ベッドの木枠→板→激安せんべい布団→モットン(裏返した・へ)→Air→シーツ→私】)

寝起き、少し、柔らかく包み込まれすぎるような?

(D)3日目の夜

雨続きが一転、とても晴れたので、激安せんべい布団を干しました。

ついでに、Airとモットンも立てかけて風を通す(サーキュレーター使用)。

真空パックから開封して時間が経過した&風にあてたからか、

モットンは、届いた日よりも、弾力が強くなっているような?

寝起きの感覚で、Airが余計?モットンの反発を吸収しすぎてる?ように感じたので

3日目の夜はAirを外すことにしました。

(【ベッドの木枠→板→激安せんべい布団→モットン(更に裏返した・V)→シーツ→私】)

きっと、今夜からはモットンが本来の仕事をしてくれるはず・・・!と、ベッドに寝転んでみたら

まーくーらーがー高すぎるー!!

枕が高すぎます。

超絶絶壁の私の頚痛に合わせて、オーダーの低い枕をして使っていたのですが。

モットン、身体を背骨がまっすぐになるように受け止めてくれるので

肩が、沈み込むんですね。

結果、首とマットレスの隙間が小さくなり、これまで合っていた枕が合わなくなりました。

しかし、私、超絶絶壁なので、

「これ枕いらないやつじゃん」と。

(もともと枕よりバスタオルで十分なくらいです)

そして、朝起きて、座ったら。

「あれ、骨盤立つし!」となっていたのでした。

モットンで1週間寝てみた口コミ

モットン到着から1週間。

途中、もともと使っていたAirを重ねたり、枕を外したり、自分なりに合うように調整に3日かかりましたが

そこからはセッティングを変えることなく、

今も(きっとこれからも)、枕なしでモットンに寝続けております。

私にとっては、このセッティングが合ってるのかなと。

暑い夜でもダレることなく(昔使っていたトゥルースリーパーは熱くなると軟化して辛かった)

安心して、寝ることができております。

今日、このブログを書きはじめてから、気になって測ってみたら。

厚さが、9.5〜10センチくらいになっていました。

腰痛マットレス・モットンの口コミ

真空パック外してすぐの時は、6センチくらいだったので、

1週間で1.5倍に膨らんだ状態ですね(きっと本当は3日くらいでこの厚さになっていたのではないかと)。

結構違いますよね。体感も変わって当然です。

公式で「効果を感じるまで、早くて2週間かかる」「返品は90日使ってからにしてください」と謳っている理由も、よくわかりました。

私の寝姿勢のこと

これまでは、固い布団に、横向き寝していたので

肩に負担がかからないように、枕の左右が高くなっている形だったのですが

モットンは、モットンが沈んでくれる=肩の位置を下げてくれるので、

横向きでも背骨まっすぐを維持してくれるので(固いところに底付きもしないので、本当に感動)

そういう配慮もいらないんですね。(私の身体の場合)

(そして、いつまで、この、「底つかなさ」が維持されるのか、いま興味があります。何年持つのか・・・)

仰向けでも、横向きでも、

勝手に最適な姿勢にしてくれるので、とても楽ちんです。

これまで固い面に寝ていたときは

(床に当たって)身体が痛いから、痛くない姿勢をとる

しびれないように寝返りを打つ

という感覚だったのですが

モットンにしてからは

身体がもっと伸びるように、身体が調整している

というような感覚に変わりました。

これ、本当に不思議なんですが。

なんでなのでしょうか。

身体は、身体が「もっと楽になるように」寝返りを打っているのですが。

これまでは「不快を減らす」ための寝返りで。

モットンは「より快になるように」身体を導いてくれているような感覚です。

そういう意味で、私は。モットンというマットレスを

  • 「自力整体型マットレス」とか
  • 「自然治癒力を引き出すマットレス」とか
  • 「寝るだけで身体を調整してくれる整体師モットン様」とか

そういう言葉で、説明をしたい。

いち個人の感想として、です。

まだ1週間しか使っていないので、どこまで力説していいのか、迷いはあるのですが。

腰痛ぶりかえしの恐怖で、固い布団じゃないと寝られなかった私が、

モットンのおかげで、底付きナシの快適な睡眠(寝姿勢)を手に入れることができました。

本当、ニセコのピーク付近のような

ねっとりと、じわじわ押し返してくる、弾力のある感覚のマットレスです。

ウインタースポーツしない方はわからないですよね。。。

雲の上のような。

食べ物だと、マシュマロみたいな感覚です。

スポンジケーキではなくて、マシュマロ。そんな質感です。

本当、驚きです。

たったの10センチほどの厚みなのに、こんなに体感変わるんですね。

姿勢良くなって、

アゴが曲がってるのも、治ったらいいなw

また加筆します!し、

気になった方は、試してみてほしいです。

店舗で体感できないからこその、

90日間返品保証付きなのだと思うし。

(リスクは、返品送料だけですね)

(私も、万が一のことを考えて、箱は、まだとってあります)

柔らかい寝具が苦手な腰痛持ちの方、

固い布団以外自分には無理と思い込んでいる私のような方に、

モットンは、私は、結構、大丈夫でした。むしろ快適です、とお伝えしておきます。

柔らかいのが無理→圧迫されたくない→圧を分散したい(しびれたくない)→点で支えるAIR

という発想だったのですが

そもそも、圧がかからないように

身体を導いてくれるのですから。

イベント会場で聞いた説明が、いまいちピンとこなかったのですが(失礼ですいません)

これは、実際に、寝て、体感してみないと、わからないですね。

「普通の人は大丈夫でも、ガラスの腰の私は無理」「柔らかい面は危険」というのが

徹底的に刷り込まれていますからね。

「ベッドは固くないとダメ」。

それはそれで肩こりするのですが、「腰痛で動けなくなるよりマシ」。

と、

フカフカのベッドなんて、私には一生無理だと思っていたのに!

そんな、私のような方は、ぜひぜひ。

試してみる価値、大アリだと思います。

とはいっても、私も、まだ1週間しか使っていないので。

でも、とても気に入っています。

また加筆します!

ーーー

私の体感ばかり書いてきましたけど、

商品と一緒に送られてきたパンフレットをよく読んだら、

  • もともとはNASAのために開発された高反発ウレタンを素材として採用
  • 人の体温や耐圧によって変化し、ベストな状態で耐圧を分散
  • 日本人の体型を研究し、日本人のために開発されたマットレス

なんだか普通のマットレスと違うなぁと思ったら、

なにやら、技術的なバックボーンがかなりしっかりしているのですね!

簡単に言うと、NASAの技術で生まれた高反発ウレタンを

日本人体型に最適化したマットレスですよ、というところでしょうか。

素材がどう違うのか、見た目からは全くわからないのですが

寝てみると(一晩寝てみると)、なんでこんなに違うのかな、と

違いに驚きます。

ぱっと見、ただの普通の四角いマットレスなんですけどね。

ルンバが「地雷探査技術を転用して」で、「あぁ!」と思ったのと同じ感じです。

モットンは「NASAの技術」「日本人体型に合わせて開発」で、「あぁ」。

きっと、すごく試行錯誤を重ねて、いろんな出会いがあって

こんなに身体をほぐしてくれる

整体師さんみたいなマットレスができたのでしょうね。

見た目からはわからないけれど、

ものすごくこだわりの詰まったマットレスなんだな、と、納得です。

どんなベッドでも快適に眠れる人の気持ちは、わからないのですが

私みたいに、「固いベッドじゃないと眠れません(腰が痛くなるので)」という人には

本当に、試してもらいたいマットレスです。

私、柔らかいところで寝ても、良かったんだ・・・と。

ある意味、人生が開けます。

背中も腕も腰も、どこも圧迫も痺れもない状態で起きられる幸せ。

腰痛は、本当に、ある意味「障害」だと思うので。

腰痛が出なくなっただけで、「もうけもの」という感覚でしたから、

無意識に腰をかばう生活習慣は、変えられませんでしたからね。

質の良い睡眠は、そのまま「運の良さ」につながる、ともよく言われますし。

いかに、自分が、自分のガラスの腰を守るために

「固いところで寝る」という苦行を選んできたのか、考えさせられます。

もうね、我慢しなくていいんです。

本当に幸せ。

さ、仕事がんばろ!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ