小池浩さんのブレスが切れた!ので、効果を口コミするよ

先週、インディゴッド仙台の小池浩さんに組んでもらったパワーストーン・ブレスが切れました。

切れたのは、2本目のほう。

ブレスレットが切れた

1年5ヶ月で切れました。

基本は家に置きっぱなしなんですけど、

朝、ふと目について、

「ああ、きれいだな」と思って、珍しく着けてみたら、

外す時に、はじけ飛びました。

床に落ちたのは3粒だけで、はじけ飛んだ半分以上の石は、来ていた服の袖の中に落ちて、飛散せず。

片付けに困らない切れ方をしてくれましたw

いつか、書こう書こうと思っていて、後回しになっていたのですが

次のステージに変わる前に、なんだか、良いタイミングなので、

まとめておきます。

どなたかのお役に立ちますように。

インディゴッド仙台のパワーストーンブレスを対面制作してもらうまで

一応説明を入れておきますと、インディゴッド仙台とは、バカ売れ本「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」の著者である小池浩さんのお店。

2016年11月、対面で一気に2本組んでもらって、2018年4月、2本目が切れました。

予約までの経緯

飛行機でKindleを読んでいて、読了後、居てもたってもいられなくなって、飛行機から降りてすぐ予約。

当時は、ちょうど、「いつかやろうと思って我慢してきたことを、全部やってみよう」期間の真っ只中で、

本を読み終わったときに「この人(小池浩さん)に会ってみたい」「どんな方なんだろう」という好奇心が強烈に湧いたのが、主な動機です。

なんというか、本が生きている感じがして、「こんな本を作れる人たちと巡り合えるなんて、この方は本当に運のいい方だな」と思って、どんな人なんだろう、お会いしてみたい、と思ったんですね。

物事が、思っている方向に転がっていかず、「なんかおかしいなぁ」と壁を感じていた頃で、

人生の向かっていく方向のヒントが欲しかったのだと思います。

対面で制作してもらいました

2016年10月に予約をし、11月にお店へ行って、対面でブレスレットを制作してもらいました。

お店に行く前に、近くの神社にも立ち寄りましたよ。

お世話になります、とご挨拶してきました。

赤い鳥居の神社、あまり得意じゃないんですけど、ここは大丈夫でした。

出来上がったブレスレット

できたブレスは、1本目は私そのものというような強さを感じるブレスで

2本目は、ちょっと着けるのに抵抗を感じるくらい、女性的なブレスでした。

本人的には、2本目が全然しっくりこない感じで。

当時は、起きてる時間の8割は仕事していたので、

「これ、仕事ばっかりじゃなくて恋愛(とか結婚とか)しなさいってことですかね?」と聞いてみたところ、

「もう既にそういう流れが始まってるのだと思います」「双輪ですから」というようなことを言っていただいたように記憶しています。

仕事を頑張る気満々だったので、なんだか、びっくりしたような。本人的には、とにかく、2本目の違和感がすごかったです。

インディゴッド仙台のパワーストーンブレスの効果

まず、つけて数時間後、強烈な眠気に襲われました。2時間とか3時間とか、そのくらいだったかと思います。

空港で待っていたら、飛行機乗り逃しそうなくらいの睡魔が・・・。

その後は、乗ったタクシーの運転手さんがなぜか安くしてくれたり、意図せず得をすることが増えた・・・気がする。

2週間後に、出雲大社へ

仙台でパワーストーンブレスをつくってもらった2週間後には、出雲大社へ。

やってみようと思ったことを片っ端からやってみよう期間で、もともと行くことは決めていたのでした。

(ちなみに、本を読む前の9月に伊勢神宮へ行ったりもしています)

で、ここでブレスが威力を発揮するんですね。

「せっかくだから、結婚したいからよろしく、と、頼んでこようかな」

私の顕在意識がどうこう、という部分ではなくて、身体の反応の結果として、

目の前に、「恋愛するよ」「結婚するよ」という石が連なってるわけです。

叶うって言ってたし・・・と、潜在意識様の意図にそのままのっかりまして、

せっかく出雲大社へ行くんだから、「結婚したいからよろしく」だな、と、

当初は「1回行ってみたい」というだけで、全然そんなつもり無かったはずなのに、縁結びをお願いすることになりました。

私の周りの結婚している人、ほとんど、みんな一度は結婚相談所に申し込んでるんですね。

たぶん人生に対して「本気を表明」するため。

類は友を呼ぶ法則から考えると、私も、何らかの禊落とし的な行動は必要で。

でも、一般婚活市場では、私への需要も、好みの人の供給もなさそうだから、

私は、オーネットより出雲大社にお願いしよう、と。

そのほうが良い気がする、と。

いざ、出雲大社…の前に、稲佐の浜へ

私より1ヶ月ほど早く出雲大社へ行っていた母から

「砂をもらってから行きなさい」と言われていたため、

出雲大社へ行く前に稲佐の浜に立ちよったところ、

稲佐の浜

見えない存在から、「どんな男が好みなの?」と、問われまして(本当に)

今ここで、当たり障りのない好みを言ったら、本当にそういう人と縁がつながってしまう、

それは絶対にダメ、私が本当に好きなのはどんな人だっけ・・・ええとええと・・・

と、自分の本音の所在がわからず、うまく答えられなくて、うーんうーんと困っていたら

見えない存在は、「OK、OK」と納得した風。

え、OKなの!?と。何が、どう、OKなのか?と。

本人の納得感が全然ないまま、見えない存在の気配は神社のほうへ去って行きました。

そして、出雲大社へ

稲佐の浜から歩いて10〜15分ほどで出雲大社に着きます。

出雲大社

私「そろそろ嫁に行きたいんで、よろしく」

見えない存在「見つかったよー」「おめでとう」

なんだか、よくわからないまま。たくさんあるお賽銭箱全部で「おめでとう」の嵐で。

私は「なんかよくわからないんですけど、ありがとうございます」という気分です。

「そうか、ものの10分とか15分で、見つかるもんなんだな。さすが出雲大社」と思いつつ、

けど、見つかった人って、一体どんな人なんだろう。私の好みって何だっけ・・・、と。本人、謎だらけなんですね。

一体どんな人が見つかったのか…。本人、疑問を抱えながら、帰路へ。

そして、翌日

見えない存在「(ほらほら、この人。こういう人、好みでしょ??)」

と、視線の先にはひとりの男性が。

前々から知っていた人ではあるのですが…。

正直、「まじか」と。「これは、無理じゃない?…いや、無理じゃないのか。。。」と。

例え話なんですけど、私はずっとカブトムシとかクワガタを想定して

「黒くて強いやつが好きです!」と好みを表明していたとして、

実際に目の前にこの人と言われている人は、

そんなかわいい昆虫ではなく、もっともっと強烈な、ヒグマだった、というような。

「確かに黒くて強いヤツだけど、そっかー、虫取り網と虫かごじゃなかったねー」と。

そっかー。私、昆虫じゃなかったのか。どおりで、いろいろうまくいかないわけだよね、と。

これまでの人生に非常に納得しつつも・・・。

どうしようか、と。

小池さんの「特定の運を上げるのではなく、その人の器自体を大きくするイメージです」という説明が思い出されます。

そうね、色々全力なら、確かに、手が届くのかもね、と。

ここから、強烈な脱皮の日々が始まりました。

そして、1年以上経って、ブレスが切れた

紆余曲折、ひと言で表すのなら、リアル「君の名は。」。

さすがに、入れ替わりはしていませんし、隕石も落ちてませんけれども、

私を覆っていたいろんな思い込みの殻が剥がれていって

まるで別人になるような変化が何度も訪れ、

ひたすら「信じること・信じぬくこと」を人生からテストされていたように感じます。

現在は、足したり引いたりが一周まわって、

「これまで生きてきた中で、いちばん自分らしい」ところに来たかな、と感じています。

最終的には、「身体の声が全然聞こえてない!だから現実が動かない」と気がついて

ガチガチの身体のストレッチをはじめて、身体をゆるめて。

(このストレッチとても良かったです ⇒7種類の基本のストレッチ【経絡のストレッチ法まとめ】

仕事も取り組み方を少し変えて。

そしたら、その翌朝、ブレスが切れました。

私の行動が影響しているのか、それとも外的な要因なのか、

何が直接の原因かはわからないけれど、

きっと「身体の声を聞く」というのが、私にとって最後のキーだったのではないか、と感じています。

結局、石選びも、身体の声を聞いている、のでしょうから。

ブレスが切れてから

切れてから1週間。最初は切れたことにパニックで、そわそわしていたのですけど、

そわそわが落ち着いた頃から、毒出しのような現象が起こって、

現在は、次の展開を、正座して、待っているような状態です。

この1年くらい、ブレスが関係あるのか無いのかわかりませんが、

とても大きな変化の連続だったのです。

そんな中、周りの人から何と言われようと、自分は自分を信じるんだ、という方向で進んでこられたことが、

私にとっては、何より大きな変化であり(本当に奇跡のよう)、

そして、ここから、ようやく私自身の人生が始まるのかな、と感じています。

まだ、はっきりとした、誰もが納得するようなわかりやすい結論は出ていませんけれども、

だからこそ、今、書いておくのが良いかなと。

結論が出てから語るのは、安全で簡単で。

でも、結論も出てない段階で、信じることは、なんの保証もなく、比べ物にならないくらい、怖くて、難しくて。

それでも、信じるから、道がひらけていく。信じたほうにしか、道は開けていかない。

(信じても、ダメな時もありますけどね、もちろん)

どこと、波長を合わせて、生きていくのか。何を正として生きていくのか。

ひとつの状況から、目と心と思考が、いくつもの矛盾したシグナルを感じて、

選び取る組み合わせで、真っ二つに世界が別れていくような瞬間が、何度もありました。

そんな流れから、小池さんのブレスの口コミに話を戻しますと、

1年以上経って、切れてみて、思うのは、

自分の人生がどこに向かってるのか知りたい人や

結果を信じるためのその補助輪がほしいなら、注文すればいいし

自力でがんばれる強いメンタルの人には、いらないのかなと思います。

私は、顕在意識が仕事一色だった中、身体と石からいきなり全然別のテーマを提示され、

何回も何回もくじけそうになったし、常識的な友人から呆れられたり、

ご飯食べれなくなるくらいお腹いたくなることもあったけど、

「いや、もう結論決まってるから」と気持ちを持ち直せたのは、

ずーっと疑わず、否定せずに話を聞いてくれた友人と、

私が思ってもみなかった結論を指し示した、2本目のおかげだし、

猜疑心の強い私が「信じれる」形で、身体の声を拾い上げる

道具とサービスを提供してくれている小池浩さんには、

いちユーザーとして、とても感謝しています。ありがとうございます。

今回、ブレス切れたけど、切れたあと、どうなるの!?と

一生懸命検索したけど、

私の調べ方が悪かったのか、思っているほど、口コミが見当たらなくて…。

私のこのブログも、まだ結論出てないから、アレなんですけど

持ってからどうなったのか、どんな効果があったのか、など、

口コミ難民の方に、少しでもお役に立てればいいかなと思って、

ネットの海に、愛と感謝を投下してみました。

私の転機自体は決まっていて、そこにたまたまブレスがハマったのか

それとも

ブレスを持ったから、人生がこういう展開になったのか、

因果はどっちが先なのかわかりません…けれども、

なんとなく、私の場合は、

私についてる宇宙さん(私の魂・未来の私)が、成功率を高めるために

小池さんのところに力を借りにいった、というような

話の順序かな、と思っていますけど

2本のブレスを持ったある人は、

「制作した2週間後、出雲大社経由で運命の人に出会い、強烈な人生の大転換期に突入!」

というようなことがありましたよ、と。

ブレスが切れてから1週間経ちましたけど、

物語は、まだ着地してませんし、わかりやすいステージ移行的な出来事もありませんけれども、

この先に、どんな展開が待っていても

私の心と身体から、いらなくなったものを、たくさん削ぎ落として

「信じること」「愛すること」という

とてもとても大切な経験ができたということは、変わらぬ事実でございます。

私の転機を支えてくれて、ありがとう!と、

役目を終えた2本目のブレスさんに伝えたいのであります。

そして、人生は、よくできているもんだなぁ、と、改めて思う今日この頃。

物語未完了のままですが、このへんで長文口コミを終えたいと思います。

オーダー「宇宙いち大好きな夫から、生涯溺愛されつづけるかわいい奥さんになりました♡」

めちゃめちゃわかりやすい、素敵な展開を、このページに追記できますよーに!


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ