冷えとり開始後、買ってよかったシルク・アイテム

2018年5月下旬に冷えとりをはじめまして。

身体をシルク(+天然繊維)で包むことの快適さに目覚めてしまい

いろいろ試しております。

大体OKかなというところにきたので

買って良かったものをご紹介いたします。

シルクスリップ

まず、「全身をシルクで包みたい」を叶えてくれる

手頃なアイテムをいくつか試してみて。

値段と着心地のバランスが良かったのはこのスリップでした。

シルク100% スリップ M/L 全4色

とても肌触りが柔らかく。

梱包も、とてもかわいらしく。

セール時など、3000円くらいで買える時があります。

基本的には手洗い(洗濯機NG)していますが、1枚だけ洗濯ネットに入れて洗う分には、ギリいけるかと。

他のものと一緒に洗うと、毛玉だらけになります。

何が何でも洗濯機で洗いたい方は、もっと固い素材のシルクを選んだほうが良いかと思われます。

もう、昔着ていた、化学繊維のスリップは、息がつまりそうで・・・

着れなくなってしまいました。

なんであんな高いものを買っていたのか・・・。

本当、シルクってすごいですよ。

このスリップ、セール時は3000円くらいで買えて、

本当に本当に快適なので

シルク未経験方、みんなに着てみてもらいたい。

はらぱん(腹巻きパンツ)

鍼灸へ行くと、毎度毎度、「下腹部が冷たい」と言われる私。

腎臓がね、冷えてるんですね。

(だから、ストレスが腰痛に来るのだと思われます)

冷えとりは、靴下が基本!と、本に忠実に・・・と思っていたのですが

なんだかムショウに気になってしまって、真夏に腹パンを導入しました。

そうしたら、もう、快適で快適で。

お腹が暖かいというのは、こんなに素敵なことだったのかと

感動。

もともと、内臓が固まりやすい(代謝できなくなる感じ)のですが、

温めておくことで、多少暴食しても、内臓は元気に動いてくれて。

冷えとりはじめてから、冷たく感じるようになっていた足先も

すっかりポカポカに暖かくなりました。

履いてないと、足先が冷たくなるという不思議。

あまりに気に入りすぎて、友達にプレゼントしました。本当におすすめ。


(カサネラボ) kasane lab. 内絹外綿の腹巻パンツ 【日本製】 シルク&コットン はらまきパンツ

ニット+シルクの腹パンも購入してみたのですが、

こちらの、コットン+シルクのほうが、今のところ、快適です。

真冬はどう感じるかなーと。

レギンス

今は、841さんの内絹外綿レギンスをローテーションしてます。

洗濯機でガシガシ洗っても平気なので、重宝してます。

他のアイテムも気になっているので、これからいろいろ試してみます。

パンツ(ショーツ)

もうね、これは。

これが絶対。

圧倒的に大好き。




プントゥ フレアリボンショーツ

120%好きと言い切れる、圧倒的に大好きなシルクアイテム。

機能性ばかり追求して、心が枯れそうになっていた時に出会いました。

機能的によろしく、更に、見た目も良く。値段も、安くはないけど、手頃だし。

とても、好き。

シルクに保護される快適さを、ぜひ

もともと、シルクのシーツや布団カバー、枕カバーを使っておりまして

その良さは、理解していたつもりでした。

が。

身体もシルクで包むと、これまた。

本当に、保護されているなぁと。

陰謀論ではありませんが、

この、シルクに包まれる快適さを体感してしまうと、

本当、化学繊維は

人体機能を制限するための何かの陰謀なのではないか…とすら感じてしまいます。

(パルプ由来だからか、レーヨンは平気)

外側は、機能的な化学繊維でもいいかなと思いますけど

内側は、肌に直接触れる部分は、

ぜひ、天然繊維を。ぜひ、シルクを。

外気との間に空気の膜ができるからなのか、

ホッと力が抜けるんですね。

無意識の力みが抜けて、緊張が解けるのです。

うちの母とかは、全く何も違いがわからない、と言うので

体感あるなしは、人によるのかもしれませんけど…

少なくとも、私は、

本当に本当に、感動しました。

冷えとり生活約3ヶ月で、

35度台だった体温が、平均36.5〜36.9度まで上がりました。

(35.4度とか、35.6度とかでした)

靴下だけではなくて、おそらく、

腹パンがいい仕事していたのではないかと感じています。

(単なる私の感覚)

「なんか調子悪いな」と思って熱を計ると

35.8度とか、これまでの平熱だったりしてw

ああ、私、これまでの人生、ずっとダルかったのだな

あれが普通だと思っていたけど、そうではなかったのだな、と

自分の「普通」が、いかに、快適ではなかったか。

体温などの肉体的なことだけではなくて、

精神的な面などでも、

いろいろ、向き合わされているところです。

数年に渡る大きな転機の中で、

身体の快適さを追求して、いま、ここが最先端です。

レギンスは、いろいろ試す余地あるかなと思うのですが

他のものは、この先は

私の嗜好を追求していくような感じになるかと思うので。

ひとまず「買って損しない手頃なシルクアイテム」をご紹介できればと思い

このページにまとめて書かせていただきました。

あなたにとって、最適なシルクアイテムとの出会いがありますように。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ