ロゴストロンLの効果が気になる!ので、構文チェックだけ自力で毎日やってみた結果

ひょんなことから知った「ロゴストロンL」。

簡単に言うと、登録した文言を脳に届けてくれる電波を発する「自動アファメーション装置」で、願望実現などに活用している方が多数おられるようです。

まぁ、怪しい…ですよね。

ですが、最近…この数年、とにかくブレがひどくて、物事を継続できていない私。

エネルギー不足など、他の要因もありそう…と思いつつも、毎日勝手にアファメーションしてくれるなら、これならブレが治りそう!ブレない私になれそう!と。

そんな理由で気になったものの、「使ってみたい!」で衝動買いできる価格ではなく…(60万円くらい)

でも、私のブレを今すぐなんとかしたい!ので、ひたすら調べて、自力でやれることをやってみました。

その記録と、実感した効果を公開しておきます。

結論を述べておきますと、ロゴストロンL、ますます欲しくなりました。

ロゴストロンLって何?

会員登録しないと見られないのですが、これです。

昔のipodみたいな見た目の機械で、意識を書き換えるツール、とのことです。

…あやしいですね。非常に怪しい。

どうやって意識を書き換えるのかというと、自分で登録した文章を、脳に直接届く周波数で発しつづけてくれる…。要は、ボタンぽん!で、自分の代わりにアファメーションし続けてくれるということです。

はじめて見たとき、その怪しさのあまり、そっとページを閉じました…。

ですが、その後、雑念や外から入ってきた不本意な念(想い)を祓いたい、と思うことがありまして、ふたたび気になり、本日に至る、という流れでございます。

要は、発した構文が叶う、ということ

とても気になり、使ってみたくなったものの、衝動買いできる値段ではなく…。色々調べました。

すると、装置も当然のことながら、大切なのは、発する「構文」だ、と。叶うもかなわないも、構文次第、と。

(ロゴストロンLに登録する自作の文章は、構文と呼ばれているようです)

大事なのは構文、ということならば、装置がなくてもできるのではないか…!ということで、

アナログ発信、どころか、完全手動(つまり単なるアファメーション)で、じゃあ、やってみましょうと。

機械を持ったつもりで、自分なりに構文の作り方を調べて、自力で自分に刷り込みしてみました。

構文の書き方

ロゴストロンに載せる構文(今回は自力なので載せませんが、持っているつもりでw)には、押さえるべきポイントがあるそうです。

サポートサイトや動画、その他ブログやサイトで調べて、私なりに理解したことは

  • 過去形・短文・言い切り
  • 自分のことしか書かない(人をコントロールしようとしない)
  • 公(社会など自分以外の人の幸せ)につなげる
  • 「最適化」という文言を使う
  • 認め、吹き送り、祓い清める(認めた、吹き送った、祓い清めた)

己の目指す姿、創造したい状態を、この形式で書けば良いということです。

で、私は、これを毎朝自力で読む、と。

「それ、なんてアファメーション?」(アファメーションと何が違うの?)なのですが…

まぁ、気分ですよね。気分が違います。構文の文法に則った、アファメーションなんです。

構文を実際に書いて、7日間毎朝自分で読み上げ&調整してみた

公式の動画やサポートなどでも、構文の調整(見直し)が大切、と再三、伝えられています。

そんなに大事なら、そこだけやってみよう!というのが今回の取り組みの動機のひとつ。

私の試した方法はこんな感じです。

願望・願い・忘れたくないことなどをスプレッドシートに箇条書き

まずは、一晩かけて、ひたすら書き出しました。

なんとかしたい問題なども、書き出し、過去形・短文・言い切り・認めた、吹き送った、祓い清めたと。

たとえばこんなかんじ。

  • 私は、ロゴストロンLを欲しい気持ちを認めた、吹き送った、祓い清めた
  • 私は、ロゴストロンLを授かった
  • 私は、ロゴストロンLを使った
  • 私は、毎朝、最適な構文調整をした
  • 私は、ブレなくなった
  • 私は、最適に使命を発揮した
  • 社会に幸せな人が増えた

アナログで、自力でやるので、書きたいだけ書いていきました。

ちなみに、最初に書き出した願望自体は200行くらいあったのですが、構文にしたのは100行くらいです。

毎朝、自分で書いた構文を読んで、修正・加筆・微調整する

毎朝、スプレッドシートのシートをコピーして、過去の状態を残しながら、構文を加筆修正しました。

読んでいるうちに、違和感を感じたり、新たな問題を発見したり…。そんなときは、しっくりくるように、修正したり、書き足したり。

朝に限らず、気になったときは見直したり、書き加えたり。

つまり、スプレッドシート上に、自分の心の最新の状態が常にある、という状態になりました。

そして、毎朝、自分は「何をどうしたいのか」を問いかけ、最新の心の状態を客観視することになりました。

7日間アナログ&自力で構文調整を続けて、感じた変化

実践7日間で感じられた効果をまとめました。ひと言で言うと、心がクリアになった、というところでしょうか。

思い込みがたくさん出てきた

昨年末頃から、心の中にある思い込みを随分解消できたと思っていたのですが、まだまだあったようで、いわゆるメンタルブロックのようなものが浮上。いくつかクリアになりました。

最適な状態を、いつも思い浮かべるようになった

「最適化した」「最適な」と、読み返すたびに最適をたくさん目にするので、「最適」という言葉が頭に刷り込まれ、結果、「どうある状態が最適か?」を日常的に考えるようになりました。

「使命」も同様ですね。「使命ってなんだ?」「私の発揮する使命って何だ?」と。

思考のメモリを空けられるようになった

私がブレブレになっていた原因のひとつとして、何か気になりだしたら夢中になってそっちへ行ってしまう、という現象があり、その現象の発生が少し抑制されました。

何か「ん?」と違和感を感じたら、構文シートに「◎◎のうっ滞を認めた、吹き送った、祓い清めた。◎◎は最適化された」と書くだけで、直前の作業に戻れるんですね。

もう祓ったし、またあとで構文読むから、読んだときに考えよう、今は忘れよう、と。

モヤモヤを都度手放していけるのが良かったです。

ならノートでもいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、私は、ノートよりスムーズでした。

行動が早くなった

思考のメモリが空いたことの一環ですが、「おっくうさ」が激減しました。

昔、カレン本で汚部屋脱出の断捨離をしたことがあるのですが、あの時と同じくらい、動きがスムーズ。

毎朝構文を読むことで、「今の自分の状態を正しく把握できている!」という自信がついて、すっきりしている状態が当たり前になり、最適に完了させていこうという動きになるようです。

私なりに理解したことと、感想

得られるものは、自分自身による自分自身への理解と共感なのかもしれない

毎日読んでいると、だんだん、構文を目にしたときの、気分が変わってくるんですね。

共感してもらえたような感覚になるというか、「そうね、ロゴストロンL、欲しいよね」「その気持はもう伝わったから、忘れてもいいよ」「最適な結果になるから」と、手に入ることを信じられるようになり、とても暖かい気持ちに。

うっ滞とは、「スムーズではない違和感」であるという理解

違和感を感じたら、そこに詰まりがあるから、その詰まりを流していく、と。それが、「認めた、吹き送った、祓い清めた」という表現になる、ようです。

すごい言葉だな、と感じました。

私が必要としていたのは「紙とデジタルの使い分け」のようです

取り組んでみたら、ロゴストロンLというアイテムとは何の関係もない、ただの「構文アファメーション7日間の効果レポ」になっていましたが、今回、「構文」という考え方に則って、自分への命令文(テキスト)を書いたことで、かなり、しっくりきて、現在、頭の中がとってもすっきりしています。

継続も今のところスムーズで(まだ7日なので)、このまましばらくやってみようと思っています。

私がスムーズに続けられたのは、スプレッドシートを使ったからでは?と思われます。

過去を振り返ってみると、

フランクリン・プランナーの価値観シート等、紙に書いたものは、感覚と合わなくなったときに修正に手間がかかるため、私との相性がイマイチ…

また、エバーノートなどでは、修正履歴を追いにくいため、書き直しに躊躇してしまうところがあり…

あとは、昔からエクセル大好きだったので。

しっくりきた部分を掘り下げると、

紙(およびエバーノート)には、変わらなくていいもの、変わってはいけないもの、変える必要のないものを残す。

また、ログを残しつつ、最新の状態を保ち続けたいものを整理するには、私には、スプレッドシートが合っている、と。

こういう風に、自分にとって「最適な状態」を考えるようになれた(戻れた)ことが、とても大きな効果だと感じています。

1番大きな効果は、自分が何をしたかったのか定まってきたこと

つらつらと書き並べてきましたが、7日間毎日自作の「構文」をチェックしたことで、自分の真ん中にあるものが一体なんであるか、なんとなく、見えてきた感じがします。

ブレるのも、動けないのも、全部、自分のコアが何であるかわからなくなっているからでは?という仮説がぼんやりとあったのですが、その根本的なところに正しくアプローチできているように感じています。

そう、このように、ブログを更新したりしています。ここ最近の自分では、考えられないことです。

自分を観察することを忘れていた、つまり、自分を大切にし足りなかった、ということなんだなぁ、と。

自分や周り対して感じる違和感を、認め・吹き送り・祓い清める。その結果、もともと持っていたものに、焦点を合わせる覚悟を持てた、という感覚が近いかもしれません。

きっと、心の奥底では気がついていて、心の声が聞こえなくなっちゃってたんですね。

※構文チェック実践2日目にアメノシズクが届いたので、その影響もあるかもしれません…けど。

ここに、ロゴストロンLが来たらどうなるか、と考えてみると…いろいろと、加速するのでしょうか?

想像ですが、スプレッドシートで管理した構文を、毎日DLするような動きになるの…のかしら?

そのうち手にはいるような気も(白のスタンダードプランがいいなぁ…)

このブログを更新するのも、とても久しぶりで。

声を大にして言いたいことが、ほんと、久しぶりに見つかった…、いや、これまでの休眠期間にもあったんですよ。でも、声を大にして言う覚悟を持てなかったんですよね。なんだか、色々、怖くて。

近いうちにアメノシズクの効果についても書こうと思っているのですが、ほんと、感謝しています。ありがとうございます。

結局、何が言いたいかというと、道具があっても、無くても、「自分の心の動きを見る」ということはとても大切なことだなぁと感じた、ということです。

会社員生活を卒業してから、立場や環境が変わって、価値観や考え方、心のあり方がどんどん変わっていって、自分にとって気持ちいい姿勢みたいなものを、見失っていたようです。

きっと、もう、大丈夫。

今の延長に、私にとって最適な道がありそう!と思えているので、毎日、自分の心のコアを確認しながら、より良く生きていきたいと思います。

ロゴストロンLは使ったことがないので、なんともわかりませんが、私のように「欲しい!けど、衝動買いするには…」という気持ちの方は、構文作り&チェックで、自分が継続できるのか試してみてもいいのかなと思っています。

そして、機械のチカラで加速することが最適であれば、手に入るのだと思います。

効果を最大限に発揮する可能性=構文のメンテナンス に、自分は耐えられるのか?

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ