ミュゼの足脱毛が100円・選べる全身脱毛が780円+両ワキV年パス付が更に半額って本当? 両ワキ脱毛に通ってわかったこと

※2019年3月のキャンペーン情報を追記しました。

毎月お得な脱毛のキャンペーンを実施している、脱毛サロンのミュゼプラチナム。テレビや電車の広告で、その名前を目にしていることもあるのではないでしょうか。

ミュゼは、全国の直営店舗数第1位の、安心・安全の人気美容脱毛サロンです。

そんなミュゼでは、3月現在、激安なキャンペーンを2種類行っています。

  • 両足脱毛+両ワキ&Vライン1年間通い放題:100円
  • 全身脱毛チョイス+両ワキ&Vライン1年間通い放題:780円

さらに驚きの新情報です!
この間、LINEスタンプ目的で「ミュゼプラチナム」を友だち登録したんです。すると…

LINEキャンペーン

こんな配信が…
スクロールしてみてビックリ!

LINEキャンペーン

LINEの友だち限定で、3月のキャンペーンがさらに半額になるだなんて!
どちらのキャンペーンも500円以下!「こんなに安く脱毛が始められるって本当?」と疑いたくなるくらいです。
キャンペーンの内容は毎月変更されますし、LINEの友だち登録するだけで、さらに安く脱毛できるなんて、今だけかもしれません。
このキャンペーンは、3月末までにカウンセリングの予約をする必要があります。
まずは今すぐカウンセリングの予約をしてみることをオススメします。

気になるキャンペーンの内容を調べてみました。

<キャンペーン1>足まるごとプラス+両ワキ&Vライン年間パスポート
・両ヒザ上
・両ヒザ下
・足の甲と指
といった、両足をまるっと、100円で脱毛することができちゃいます。
LINEの友だち登録をしたら、50円ってことですね。
しかも、両ワキ&Vラインの脱毛は1年間通い放題の通い放題付き!
(※足の部位の回数は各1回ずつ。施術は2回に分けて行います)

<キャンペーン2>全身脱毛チョイス+両ワキ&Vライン年間パスポート
こちらの場合は、

上半身
背中上、背中下、両ヒジ上、両ヒジ下、両手の甲と指、両ワキ、胸、お腹、ヒップ
下半身
両ヒザ上、両ヒザ下、足の甲と指
デリケートゾーン
トライアングル上、トライアングル下、Vライン、Iライン、Oライン

この3つの中から2つをチョイスして、780円で施術が受けられちゃいます。
LINEの友だち登録をしたら、390円です。本当に信じられないくらいの安さです。
こちらも、両ワキ&Vラインの脱毛は1年間通い放題付き。
(※全身脱毛施術は2回に分けて通う必要があります)

LINEでミュゼを友だち登録して、スタンプをダウンロードする方法は、
「ウォレット」>「スタンプショップ」>「イベント」から【うさぎ帝国×ミュゼプラチナム】を選択して、友だち追加すればOKです。
こんなに簡単にかわいいスタンプがゲットできて、お得に脱毛がはじめられるだなんて、ミュゼって本当にすごいです。

今月はキャンペーンが2種類あるので、どちらのキャンペーンに申し込んだらいいのかな?と迷ってしまうかもしれません。
そんな時は、まず無料カウンセリング予約してみることをオススメします。
カウンセリングでは、ミュゼのスタッフと1対1でお話しするのですが、個室なので安心です。
脱毛に対して不安に思っていることや、お支払い方法、自分自身の毛の悩みを、親身に相談に乗ってもらうことができます。
今月は、本当にお得な金額ですし、自分の悩みに合ったキャンペーンを選ぶことができるはずです。

暖かくなってきたこの時期、肌を出す機会も増えてきますよね。素肌を見せた時に、毛の剃り忘れがあったり、カミソリ負けで肌が荒れてたり…なんて恥ずかしい思いはしたくないです!
だからこそ、今、脱毛を始めてみたらいかがでしょうか。
迷っていた方は迷わずGO!ですよ。

このキャンペーンは3月31日23時59分までにカウンセリング予約を完了すればキャンペーンが適用されます(予約が完了すればいいだけです。締め切り時間までに予約すれば、お店に行くのは4月以降でもOKです)。

キャンペーンはWEB予約限定です。ぜひミュゼの公式サイトをチェックしてみてください。

両ワキ+Vライン美容脱毛コース以外も、上場企業の子会社化しただけあって、太っ腹な企画ですね。

しかし、なぜ、無料で脱毛できるんでしょうか。あまりの安さに、騙されてないか不安になりますよね。

嘘のように安いけど…ミュゼは本当に100円で脱毛できるの?

今回ご紹介したキャンペーンを契約した場合、契約時にお支払いをすれば、それぞれのキャンペーン内容の施術が受けられます。
両ワキとVライン脱毛の通い放題に通える期間は1年間。その間に解約したければ、いつでも解約はできます。続ける義務もありません。

100円で脱毛の契約をすることや、安い金額で通い続けるのって気がひける人もいるかもしれません。

でも、そこは安心してください。そういったお客様はたくさんいます。むしろ、キャンペーンを利用して始めた人ばかりです。

カウンセリングや施術期間にミュゼから勧誘されることはありませんし、キャンペーン価格ポッキリで本当に通えますよ。

ミュゼの限定キャンペーン期間はWeb予約限定です。

(追記 2019年2月)
以下は、2018年12月まで開催されていた、両脇+Vライン脱毛完了コースに関する体験談と考察です。100円で一生脱毛通い放題なんて、カミソリ買うより安い神キャンペーンでした、本当に。

2019年からは、両ワキ+Vラインの脱毛は6回で100円になったようです(ミュゼ公式サイトより)。

ミュゼパスポート(980円で1年間両ワキ+Vラインの脱毛に通い放題)が近い企画なのでしょうか?

2018年までと違って、来月はどんなキャンペーンが出てくるのかわからないので、ピンときたらすぐにお店へ行くほうが良いのかなと感じています。

「なぜ、あの時、行かなかったのか」という「しなかった後悔」は、ずっと残りますからね。

以下、少し内容古いですが、ミュゼがどういう社風の脱毛エステなのかは伝わるかな?と思いますので、残しておきます。

私がこの記事を書いた2014年当時に比べたら、ミュゼに通っている人、身近にたくさんおられるでしょうから。

安いけど、「本当に勧誘ないよ!」「大丈夫だよ!」という私の考えが伝わったら嬉しいです。

そして、同じキャンペーンが再び開催されるかどうか、誰にもわからない状態になってしまったので。

どうか、後悔のない選択を。

男性って、実はこんなこと思っているみたい…本音聞いちゃいました!

「脱毛って自分のためのもの」って思っていませんか?
私は以前、そう思っていました。
でも、彼氏に「肌がすべすべで気持ちいいね」って言われて、嬉しかったけど気づいちゃったんです。
知らない間に、異性から「毛のことで」他の女性と比べられていることに。
彼氏や旦那さんを喜ばせてあげるための「脱毛」もあるってことに。

そこで、私の周りの男性に意見を聞いてみたので、一部ご紹介します!

  • 元カノはツルツルだったのに…今カノは毛がチクチク痛くて嫌いになりそう(22才・大学生)
  • すごい綺麗な女性と付き合えてラッキー!って思ったのに、脱いだのを見たとき、剛毛でガッカリした(27才・会社員)
  • つる肌ボディの奥さん。結婚して数年経つけど、今でもずっとくっついていたくなる(38才・会社経営)
  • 何歳になっても、お肌のケアに気をつかっている女性が好きです(49才・公務員)

…実は男性って、こんなこと思ってたんですね。

世の中にこれだけ「脱毛」が普及している今、男性にとっても毛が薄い女性は一般化してきているみたいです。
脱毛の経験をしたことがない人も、脱毛の経験をしている人も、ムダ毛のケアを怠ってはいませんか?
意外と男性の方が、ムダ毛のことって気にしているかもしれませんよ?
脱毛でつる肌ボディをゲットしたら、きっと男性も喜んでくれるはず。そして、それが女性の幸せにもつながるんじゃないかなって思います。

脱毛の経験がない人は、安いキャンペーンを行っている今がチャンス!
また、一度脱毛に通っていても、細かなパーツで再び毛が生えていませんか?
ミュゼでは、パーツごとに通えるプランも充実しています。他社でパーツ毎に通えるところってないので、細かなパーツだけを再開するにも、ミュゼは最適だと思います。

モテ肌になるためにも、通うなら今!ミュゼのカウンセリングを受けてみてください。

なぜ?980円+5円均一脱毛ができる?ミュゼの仕組みとからくりは?

一体どこまで安くなるんでしょうか、ミュゼがワキ脱毛の価格破壊を行っております。両ワキ脱毛が500円、300円、250円と値下がりし、遂に100円、2018年11月の神的無料配布期間を終え、ついに、2018年12月、キャンペーン終了。

知恵袋のトピックや体験談、評判、口コミを書いているサイトには、「他のパーツを契約してほしいから」とよく書いていますよね。

脱毛を安く提供しているミュゼも企業なので、それはひとつの正解だと思います。

でも、私はそれだけじゃないと思うんです。

これはミュゼの社長さんが書いた本を読んだ私の意見ですが「すべての女性をムダ毛処理から開放してあげたい」って思いがあるからなんじゃないですかね。

脱毛サロンをオープンさせる前に他の事業を始めたのも、メンターから「本当にやりたいことをやるためには、他に収益を上げる事業が必要だ」というようなことを言われたからだと本に書いていました。

いま10代、20代の方はわからないかもしれませんが、インターネットを格安で提供したソフトバンク孫正義氏が持つ志と同じようなものではないでしょうか。

「善い行いは善い結果を生む」と考えてのことなのではないかなと私は思っています。

本当、ミュゼはいいお店だと思います。悪いことをすると自分に返ってくるという法則っていうんですか? そういう理念・価値観で会社を動かしているんじゃないかと思います。だから本当に勧誘されませんし。それもその一環なんじゃないかと感じました。

実は、私もミュゼ通ってました

ワキ脱毛すると脇汗が止まらなくなるとかいう噂を耳にしたことがあり、脱毛しようと思ったときに本当に大丈夫なのかーって思ってたんですよね。身近な人から体験談聞かないと怖いなーって。

実際は全然平気でした。ワキ汗が増えることはなかったw

あとは本当に、肌がきれいになる。毛がなくなることで毛穴が目立たなくなるからなのか、脱毛したパーツは本当に肌がきれいになりましたよ。

ミュゼの方いわく、個人差はあれど13〜17回ぐらい施術するときれいになるそうです。最初の1年は2ヶ月に1回、その後は3ヶ月に1回になるので、2〜3年ぐらい通うことになりますね。最初の1年だけでも結構効果を感じましたけどねぇ?

私の口コミ。「通ってました」と過去形なのは…

予約が全然とれないんですよね。施術パーツ数が多いと3〜4ヶ月先とかザラ。だからワキだけーとか、ワキと腕だけーとか細かいパーツで脱毛エステに通ったり、時間に自由のきく方ならミュゼは本当にいいサロンだと思いますよ。全然勧誘されないし。勧誘どころか、こっち(客側)に圧をかけることが全くないのでね。どこへ行っても優しい雰囲気のお店でした。

予約のとりやすさは断然エピレでしたねぇ。エピレも250円両ワキ脱毛やってますね。勧誘らしい勧誘はありませんでしたが、お店の方は勧誘っぽい空気は出してましたね。時間の融通がきかない方やNOを言うことにストレスを感じない方は「エピレ」もいいかも。きっちり2ヶ月サイクルで予約とれますし。

施術の丁寧さは断然ミュゼです。ちゃんと冷やしてくれるので、肌が弱い私も安心でした。

ミュゼ980円+5円均一の期間限定キャンペーンはWeb予約限定

予約がとりにくいと書きましたが、ミュゼは私が通っていた頃よりも店舗数も増えているので、今は状況が改善されているんじゃないでしょうか。

今月開催中のキャンペーンは1月31日23時59分までに予約手続きが完了すればOKで、実際にお店へ行くのは翌月以降でも大丈夫だそうです

ただ…最終日とか申込殺到してただでさえ混んでるのにありえないぐらい混みそうだから、申込は早めに済ませたほうたいいんじゃないかなと思いますよ〜。せっかく申し込むなら少しでも早く施術を開始したいですしね。

そうそう、無料で申し込めるのはWEBから無料カウンセリングを予約した人限定です。インターネットから申し込んだ人だけが対象になります。今回のキャンペーンが適用される無料カウンセリングの予約ページはこちらですよ〜

どの部位にするかなど、詳細はカウンセリング時に相談・変更できるので、まず無料カウンセリングを予約することをお薦めします。

効果ない? ミュゼの効果の口コミ2018

この記事を最初に書いたのが2014年で、毎月キャンペーンが変わるので、ひたすら更新だけしてきたのですが、ちょっと内容も古くなってきたし、追記してみます。

と、思って、Twitterを検索してみたのですが

検索結果の汚染がひどいですね・・・。広告ばっか。

この記事を最初に書いた2014年の頃は、そんなんでもなかったんですけど・・・

時代は変わったのですね。

ええと、ですね。

ミュゼの脱毛、効果ないと言っている方もいらっしゃいますけど

  • 効果、ありますし
  • 勧誘も押し売りも、ありません

エステでの光脱毛の常識として、1回2回の照射では、毛は無くなりません。

そういう意味では、ないです。

ですけど、照射から1〜2週間で、毛の抜け落ち(脱毛の効果のあった毛が根本から抜け落ちる)があって、その後2週間〜1ヶ月前後はツルツルの状態が保たれました。

※個人差あると思います

毛もどんどん減っていきましたし、弱っていきましたし。

効果ないと言っている人は、何をもって、効果がないと言っているのか、逆に証拠を示してほしい、と。

完了までのスピードを求める人は、医療レーザー脱毛のほうが早く毛が生えなくなりますけど…代償として、痛みが伴います。

ミュゼの脱毛は全然痛くなくて、100円で完了まで通えるので、苦痛は少ないですよね。

すごく忙しい方、効果の即効性を求める方は、医療レーザー脱毛が良いです。それ以外の方は、医療レーザー脱毛よりミュゼのほうが損のない選択になるかと思われます。

いま、ミュゼのキャンペーンに申し込むかどうか、迷っている人に一番伝えたいこと

いま、10代の方、20代前半の方ならまだしも、

それ以上の年齢でこの記事を読んでおられる方は、

そもそも、そこまで「脱毛」に対してアツくない方、ですよね?

ムダ毛が気になって気になって仕方ない、何をどうしてもムダ毛をなんとかしたい、というモチベーションがあれば、もっと若いうちになんとかしようと思ったはず。

であればなおさら、ミュゼで十分、なんではないでしょうか。

脱毛を始めた頃、興味をもっていろんなサロンを回ってみましたけど
極端な美容マニアであったり、極端なセレブであったり、極端な節約志向の方であったり、
そういう人以外の、いわゆる普通の女性にとっては、
総合力では、ミュゼが一番満足度高いと思われます。

脱毛サロンは、結局エステで、大手エステ系のお店では、お店の人が美意識高すぎて怖く感じたりしましたし、
また、安さを追いすぎているお店では、ちょっとチープすぎて・・・という雰囲気はありました。

ミュゼは、高級感があるかというと、とても高級なわけではないですけど
待合室もちゃんとしてますし、仕切りはカーテンですけど、貴重品入れはちゃんと施錠できるなど、当たり前のことが当たり前にできているなぁと。

もし、私が、はじめに行った脱毛サロンがミュゼ以外のお店だったら、
もっと敷居を高く感じたり、ああやっぱり安いのは値段なり・・・とがっかりしたり
今のような「ミュゼはみんなにおすすめできる」というような、
肯定的な気持ちにはなれなかったんじゃないかな・・・と、この数年を振り返って、思います。

ゼロから全身脱毛するなら、実際ミュゼは割高です。
他に安くていいお店はあります。
ですけど、「ちょっと脱毛してみようかな」という軽い気持ちで脱毛をはじめる人にとっては、「ミュゼほど、良いサロンはない」と、私、断言させていただきます。

若くてかわいいお店はありますけど、あまり若すぎるお店もちょっと通いにくいですし
押しの強い美意識高いエステ系のお店も、ちょっと圧迫感ありますよね。

ミュゼの普通っぽさが、とってもナチュラルで、
還暦過ぎてる母も、大学生の従兄弟も、どちらも気持ちよく対応してもらえるだろうなぁと。

安いから大丈夫なのか、とか、安すぎて信用ならない、とか
エステや脱毛サロンにこれまで縁がなかった人なら、思うのかもしれませんけど、

むしろ逆で、そういう人こそ、
ミュゼ以外は、ちょっと、やめておいたほうがいいのでは?と。

はじめての脱毛だからこそ、
超大手で、脱毛専門の、怖くないミュゼがおすすめ。

身体のどこを脱毛するかは、この先考えるとして、
まず、ミュゼ行ってから、考えたら?と。

脱毛サロンのスタンダード基準として、
ミュゼからはじめるのが、私はとてもおすすめです。

その後、「やっぱり全身脱毛したい」となるなら、
割安な全身脱毛サロンに通うのもいいでしょうし、
全身脱毛サロンの雰囲気が合わないなら、
ミュゼで全身脱毛を契約してもいいでしょう。

そうじゃないと、
何かしらで、我慢することになるかなぁ・・・と。

知らぬが仏かもしれませんけど、他のサロンで契約する前に
ミュゼの雰囲気は一度確認しておいたほうがいいと思いますよ。

30代、40代、50代以上など、年齢を重ねた人こそ、ミュゼがおすすめです。
(※もちろん若い人も大丈夫です。契約時に親を連れて行っても、安心してもらえる雰囲気だと思いますよ)

私は、20代の頃は徹夜祭りの仕事の鬼♡だったのですが、仕事が落ち着いた30代になってから、脱毛を始めました。

もともと、コスメとかは大好きだったのですが、毛の悩みはそこまで深くなく、職場の先輩が通っていたミュゼを選んだんですよね。

ミュゼで脱毛をはじめたことをきっかけに、肌のことか、真剣に考えはじめたので、
とても良い刺激になりました。

せっかくだから、ちゃんとしよー!と。脱毛をはじめたことが、暮らしを見つめ直す良いきっかけになったことを覚えています。

肌の保湿とか、保湿とか保湿とか。

私は、ワキ以外の部位も一緒に脱毛スタートしたのですが、乾燥しすぎで、すね(膝下)の脱毛ができなかったりしたこともあったりして、保湿のことを考えるようになりました。

人によっては、毛がなくなったあとに肌の黒ずみが目立つようになったり(毛に隠れてわからなかった)することもあるみたいなので、脱毛中に、肌の保湿や美白を並行しておくことも大事だったりします。

ミュゼでも、肌に優しい保湿ジェルなどを販売しているので、施術受けてみて肌と相性良さそうなら、ミュゼの保湿ジェルもおすすめです。

2ヶ月おきに「きれい」を意識するサイクルになりますからね。

一人では継続苦手だけど、環境作ると継続できる私みたいなタイプの人には、とても良い機会になると思います。

クイズに正解するだけで、です。

興味をもって、いろんな脱毛サロン回った結論としては、

はじめて通う脱毛サロンは、ミュゼが絶対おすすめです。

キャンペーン狙いなら、なおのこと、ですよ?

ミュゼの過去のキャンペーン内容

なんだかんだと、2014年5月からミュゼのキャンペーンを追いかけ続けております。

直近の数ヶ月と、過去の最安値を比較しますと、

ミュゼのキャンペーン両ワキ+V(完了コース)その他の安いキャンペーン
2019年2月前半完了コース終了、両ワキ+V:6回100円全身脱毛630円
2019年1月後半完了コース終了、ミュゼパスポート980円(両脇V1年間通い放題+全身脱毛1回)Sパーツ5円均一※Lパーツは10円(Lパーツ脱毛最大4部位各1回)

長らく定番化していたミュゼの両脇Vライン脱毛完了コースは、2018年12月末をもって、終了しました。

ミュゼのキャンペーン両ワキ+V(完了コース)その他の安いキャンペーン
2018年11月前半50円(+500円クオカード)ミュゼが50円/10ヶ所脱毛(Lパーツ脱毛最大4部位各1回+両ワキV完了コース)が50円、クイズに正解で500円クオカードがもらえる
2018年10月後半0円(クイズに正解でタダ)ミュゼが0円/クイズに正解で、全身はじめてコース(全身美容脱毛コースバリュー1回+両ワキV完了コース)が無料
2018年10月前半0円(クイズに正解でタダ)ミュゼが0円/クイズに正解で、10ヶ所脱毛(Lパーツ脱毛最大4部位各1回+両ワキV完了コース)が無料
2018年9月後半50円クイズに答えて、全身美容脱毛コースバリュー31500円(税抜)⇒0円
ミュゼ全身最大10ヶ所50円/Lパーツ脱毛最大4部位各1回
2018年9月前半90円ミュゼ全身脱毛90円/全身はじめてコース1回(両ワキV完了+全身美容脱毛コースバリュー1回)
2018年8月後半100円ミュゼ50円均一/Lパーツ脱毛最大4部位各1回
2018年8月前半80円ミュゼ80円/両ワキV完了+Lパーツ脱毛最大3部位各1回
2018年7月後半50円ミュゼ全身50円/全身はじめてコース1回(両ワキV完了+全身美容脱毛コースバリュー1回)
ミュゼ80円/両ワキV完了+Lパーツ脱毛最大3部位各1回
2018年7月前半100円ミュゼ15円均一(220円)/Lパーツ1箇所脱毛1回(最大4部位)
2018年6月後半100円ミュゼ100円/両ワキV完了+Lパーツ脱毛最大4部位1回
2018年6月前半100円ミュゼ90円/両ワキV完了+全身はじめてコース1回
2018年5月後半100円ミュゼ300円/Lパーツ脱毛1回50円均一(4部位まで)
2018年5月前半100円ミュゼ150円/両ワキV完了+Lパーツ脱毛最大4部位1回
2018年4月後半100円ミュゼ200円/全身脱毛はじめてコース200円
2018年4月前半100円ミュゼ300円/Lパーツ脱毛1回50円均一(4部位まで)
2018年3月100円ミュゼ300円/Lパーツ脱毛4部位+ワキV完了コース
2018年2月100円ミュゼ全身脱毛100円/全身はじめてコース
過去の最安値50円
※2016年1月、2018年7月後半
ミュゼ全身脱毛50円
※2018年7月後半

両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースの最安値は、0円(クイズに正解でタダ)。

2018年10月に、両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースを含む脱毛コースが、遂に無料になりました(クイズに正解でタダ)。

無料になるまでの、この4年間の最安値は、2016年1月のお年玉企画の時の50円でした。

両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースが50円。

はじめて100円になったのは、2014年12月なので、

それまでと同じペースで値下げされるなら、2017年1月に25円になるはずですが、

25円になることは一度もなく。

50円だったのも、2016年1月の1ヶ月間だけだったように記憶しております。

今では、ずっと安定の100円。

両ワキ+Vラインの完了コースにプラスαの脱毛がついて、数百円、というのが

ここ最近のミュゼのキャンペーンの傾向ですね。

その鉄板コースも、2018年12月末をもって、ついに終了。

両脇Vライン1年間通い放題+全身脱毛1回で、980円(税抜)という値段で2019年はスタートしました。

今月からは、どのように値段が変化していくのか、全く予想ができません。

ですので、待ってたらもっとお得になるかも…!ですけれども、

その分、ムダ毛処理の手間から解放されるタイミングも、後ろに伸びるわけで…

980円で1年間通い放題なので、毎月通ったとしたら、1回あたり約82円。1ヶ月あたり、100円を切っています。

脱毛代金的に、損はしないことがはっきりしているので、それなら

早めに脱毛をスタートするのが、人生的には一番お得だと思いますけど。私はね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ